最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20120226]
    【 シリーズ中最高の出来!見て損はない娯楽映画 】

    ★★★☆

    X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
    (2011/09/28)
    ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー 他

    商品詳細を見る

    ■ご存知人気アメコミシリーズ 【 X-MEN 】 の最新作であり、ストーリーは、パート1より以前の内容となっています。
    このシリーズは、1,2、ファイナル、ZEROと観てきているのですが、残念ながら番外編のZERO以外どの作品もいまいちって感じで、この作品もあまり期待していませんでしたが、思った以上に楽しめました。娯楽作品としてはとても良い出来だと思います。これも最初の期待値が低かったからか(笑)

    ■1944年第二次世界大戦中のポーランドのユダヤ人収容所で超能力を発揮したエリック少年。彼の能力に興味を持ったナチの科学者セバスチャンは、目の前で彼の母を射殺する。その”怒り”によって能力に目覚めたエリック。
    一方、アメリカの裕福な家庭に生まれたチャールズ少年。彼は、テレパシー能力を持つミュータントだったのだが、そんな彼の目の前に現れた泥棒が、変身能力を持ったレイブン。この世の中には、” 能力 ” を持つものが自分一人だけではないと思っていたチャールズは、青い肌の少女に『 君は仲間だ! 』と優しく手を差し伸べるのだった。

    時は流れ1960年代。成長したエリックは、セバスチャンへの復讐を人生の目的として生きており、チャールズは遺伝学の教授として名門大学で研究に勤しんでいた。
    自らもエネルギーを吸収する能力を持つ元ナチの科学者セバスチャン・ショウは 【 突然変異であるミュータント 】 こそ世界を支配するにふさわしい者と考え瞬間移動能力を持つ異形のミュータントのアザゼル・体をダイヤモンドに変異できるテレパスのエマ・竜巻を操ることの出来るヤーノシュらとミュータントテロ組織を結成し緊迫した米ソ関係を背景に第3次世界大戦を画策していた。
    ソ連に接触を図っていたショウに対抗するためCIAは、チャールズに協力を要請する。そんな中で出合ったチャールズとエリックは、ミュータントの能力を使い人類と共存するべきか闘うべきか異なる信念を抱いていたが、やがて2人の間には友情が芽生えていくのだった。
    チャールズは、CIAの協力の元、【 自分たちの仲間 】 を探し始めるが、そこへミュータントによる支配を企むショウが現れ、『 世界の王になろう 』 と誘いにくる。
    チャールズとエリックはそんなショウの野望を阻止するのだが、人類のミュータントへの考えを知ったエリックはミュータント・テロリスト軍団“ブラザーフッド”の首領マグニートへ、あくまで人類との共存を目指すチャールズはX-MENを設立するプロフェッサーXにと・・・反する道へ進んでいくのだった。

    ~とここから 【 X-MEN 】 に続くわけですが、ミスティークとビースト以外の今回登場したミュータントたちは、どこに行ってしまったんでしょうか?優しかったレイブンがX-MENではあんなに冷酷になってたのはなぜなのか? 期待しすぎてガッカリ作品になってしまっても困りものですが、せっかくの魅力的なキャラなんだから、このままじゃもったいない。上手く次回作作ってくれないかなー。皆さんもきっと気になりますよねー?

    ■いやー面白かったです。2時間10分以上ある長い作品でしたが、あっと言う間でした。シリーズ最高の面白さです。監督は、管理人SIONもおススメの【 キック・アス 】で見事な演出を披露してくれたマシュー・ヴォーン。さすがですな。彼の次回作も期待したいですね。

    プロフェッサーXは、どうして車椅子なのか?マグニートのあのへんてこなヘルメットは何なのか?は、もちろんのこと。どのようにしてプロフェッサーXとマグニートが対立するようになったかなどが時折差し込まれるクスッと笑えるユーモアシーンと共に丁寧に描かれています。原作コミックをを読んでいない僕でも『 フムフム そういうことだったのかー! 』と納得することばかりです。このシリーズを観てきた人たちにとっては、サイコーに楽しめる作品に仕上がっていますよ。今までの作品が、ミュータントの戦いがメインのどちらかというとアクション一辺倒作品で薄っぺらな感じだったのに対してこの作品は、その薄っぺら感がありません。
    特にプロフェッサーXとマグニートの関係は、なにやら過去に親密な関係があり友人同志だったように過去作品では描かれていましたが、はっきりしたことは分らなかった訳です。が、この二人の因縁の関係が上手く描かれております。そして現実にあったキューバ危機を背景にどのようにして【 X-MEN 】と【 ブラザーフッド 】が出来ていったかがわかります。

    事ある毎に言っている事ですが、” 悪役が素敵なほど面白い作品になる ” わけで、この作品でもケビン・ベーコン演ずるショウをはじめエマ・アザゼルなど敵役の面々がカッコいい!のです。イケメン&美女ということも含めて、彼らが自らの能力に誇りを持ち、そのことをを受け入れているからいつも自信満々なんですねー。

    方やレイブンやハンク(後のビースト)は、自分の本当の姿を受け入れることが出来ていません。作品としては、この2人の考え方の違いや心の葛藤を描くことで作品に厚みをもたらしているのですが・・・。
    レイブン(のちのミスティーク)の考え方や心の変化は、”普通でない者”たちの気持ちを代弁しています。自分の姿を認めることが出来ず、人とのかかわりを断ってきた孤独な少女が、少年チャールズと出合った夜に見せた弾ける様な笑顔はとても素敵でした。本当に安心したんでしょうね。自分一人じゃないと分って。
    同じようなことがCIAの研究所でも見られます。ミュータントがそれぞれの能力を披露するシーンです。
    みんなではしゃいでる姿が、本当にかわいらしいです。やっと、心から分かり合える仲間と出合った喜びが伝わってくる場面ですね。しかし、外見は、まったく普通のチャールズには、この気持ちが分らないのでしょうね。このバカ騒ぎに呆れて怒ってたもんね。
    結局、自分の本当の姿に自身が持てず、常に誰かに本当の自分を認めてもらいたがっていたミスティークは、彼女の本当の姿を唯一認めてくれたエリックと行動を共にすることになるんですねー。

    人は、誰でも自分と違う異質な者に恐怖を持つ。あるいは、分っているようでも本当の心の奥底までは、理解できない。だからといって排除する道を執るべきなのだろうか・・・それは、お互いを傷付け合うことにしかならない。考え方や肌の色が違うからといって争ってきた人類は、いつになったらそのことに気づくことができるのでしょか?

    ■この作品のもう一つの楽しみは、ウルヴァリン(ヒュー・ジャクソン本人のカメオ出演)やストームの幼少期らしい姿、レイブンが一瞬変身するレベッカ・ローミンなどを見れることです。
    TVシリーズで活躍し注目されたエマ役のジャニュアリー・ジョーンズ・CIAモイラ役のローズ・バーンと今後益々活躍が期待される俳優さんにも注目ですね。

    1・2・ファイナル・ウルヴァリンの4部作収録です ★★☆ ~ ★★★
    X-MEN クアドリロジーBOX (初回生産限定) [DVD]X-MEN クアドリロジーBOX (初回生産限定) [DVD]
    (2011/05/27)
    ヒュー・ジャックマン

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    2012-02-26(Sun) 05:23 【Movie】 わがまま私評 | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。