最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20120215]
    【 北欧で作られた美しくも切ないヴァンパイア映画 】

    ★★★★

    ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
    (2011/02/04)
    カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション 他

    商品詳細を見る



    ■ スウェーデンの作家ヨン・アイヴィデ リンドクヴィストの 『 モールス 』 が原作の今までにない切ない吸血鬼映画。

    ■ ストックホルムのアパートに母と2人で暮らしてる12歳の少年オスカーは、学校ではいじめっ子3人組にいつも”子豚ちゃん”とからかわられいじめられていた。抵抗する勇気もないオスカーは、甘んじてそのいじめを受けていた。そんな鬱憤を晴らすようにオスカーは、毎夜、隠し持っているナイフを取り出しては、窓に写る自分自身や中庭の木に向かってナイフを突き刺していた。

    そんなある日、同じアパートの隣室に少女と父親が引っ越してくる。
    いつものようにオスカーが、中庭の木に向かってナイフを突き刺していると黒髪の少女が突然現れる。
    二言三言、言葉を交わすとその少女は、『 悪いけど友達になれない 』 と言い残して去っていってしまう。
    時を同じくして、黒髪の少女と共に越して来た男は、血を求めて町にハンティングに出かける。
    永年、彼女のためにしてきた仕事だ。昔からの手馴れた仕事であるが、運悪く失敗してしまい血を持ち帰ることが出来なかった上に、血を抜き取られたむごたらしい事件として大々的に新聞に取り上げられてしまう。
    以前から犯罪に興味を持っていたオスカーもその事件を隠し持っていたスクラップブックの1ページに加えるのだった。

    オスカーが、中庭でパズルをしているとまた昨日の少女が声をかけてくる。
    パズル(ルービックキューブ)に興味を持った少女にパズルを貸し帰宅するオスカー。
    その夜、少女は、空腹に耐えられず、ついに人を襲ってしまう。

    学校へ行こうと中庭をとおると、そこにには見事に6面が揃ったルービックキューブが・・・
    そのことで一層、少女に興味を抱いたオスカーは、彼女と部屋の壁越しに言葉が交わせるようにモールス信号を使うことを思いつく。
    いじめっ子たちから顔に怪我を負わされたオスカーにエリと名乗った少女は、『 勇気を出してやり返さないとダメだよ! 』 『 もしもの時は、手伝うから 』 と励ますのだっった。
    彼女の言葉に勇気をもらったオスカーは、放課後のトレーニングを始める決心をする。

    またもハンティングに失敗した男は、自らをエリに捧げこの世を去ってしまう。
    1人きりっになってしまったエリは、辛い気持ちを抱え、オスカーの元へ。そんなエリにオスカーは、『 彼女になって欲しい 』 と告白。戸惑うエリだが、この関係が変わらないならと承知をする。
    次第に二人は、お互いの孤独な心を埋めるように親しさを増していき、オスカーは、 ” 血の契り ” をしようと自分の手をナイフで切るのだった。手から滴り落ちる血にエリは、思わず理性を失ってしまい床の血を舐め始める。
    そして、エリが12歳の少女の姿をしたヴァンパイアだと気づくのであった。

    ■ 北欧の雪に囲まれた町。どこか無機質ではあるけどとても静かで美しい映像で描かれています。

    いやー、少年と少女の想いに胸が苦しくなりますねー。穢れのない無垢な気持ちに胸が押しつぶされそうです。
    中庭での誕生日の話もその一つです。
    『 祝ってもらったことないの? 』 と尋ねられた時のエリの気持ちは、さぞ切なかったことでしょう。
    血を目の前にすると豹変する彼女も、普段は、どこか健気な少女に見えてしまいます。

    また、デートと呼ぶにはあまりに稚拙ですが、二人が町に遊びにいった時にオスカーが、キャンディーをエリにすすめるシーンがあります。好きな子に何かしたいという気持ちは、古今東西変わらぬ気持ち・・・これももそんな気持ちの現れではないでしょうか。12歳の男の子の精一杯の気持ち。

    只、彼女は、ヴァンパイア。キャンディーなど食べないのです。
    『 いらない! 』 と断わった彼女の言葉に見る見る顔が曇るオスカー。そんなオスカーを見て『 1つ食べてみる 』 と口にほおばるエリだが、気持ち悪くなって吐いてしまう。
    それを見てしまうオスカーと『 ごめんね 』 と節目がちに謝るエリ。なんて切ないシーンなんでしょう!!!
    思わず抱きしめてしまったオスカーの気持ち男なら分るはず。
    抱きしめられたエリが『 私が女の子じゃなくても好き? 』 と尋ね 『 なぜそんなこと聞くの? 』 と返すオスカー。胸が締め付けられますな~。

    エリを助けてきた男が死んで、庇護者を失った彼女がオスカーに 【 ここを去って生き延びるか 留まって死を迎えるか 君のエリ 】と置手紙を残した時の少女は、どんなに心細かったか・・・
    同様に唯一の理解者である父に自分以外の存在の者を認めた時の少年の気持ちは、どんなに淋しかったか・・・



    『 君は何者なの? 』
    『 オスカーと同じ 』
    『 相手を殺してでも生き残りたい 』
    『 ・・・それが生きるってことだよ 』
    『 私を受け入れて、少しでいいから! 理解して! 』
    と切実に訴えるエリのこんな言葉を聴くとヴァンパイアの存在を認めない人間のエゴを感じてしまいました。

    少年と少女の純愛というのでなく、この世界で1人きりと感じている少年と少女が、お互いの孤独感を埋めるために引き合っていく。生きていくためには、お互いがなくてはならない存在となっていく。永遠の命と限りある命。
    旅立っていった二人の未来に待っているものはお互い分りきっているはずなのに。。。。
    そのことを考えるとまたまた、胸が苦しくなるSIONです。

    生きていくためには、人の血が必要な少女。人を襲うシーンなどはとても残酷ですが、彼女にとっては肉食獣が草食獣を食べるために襲うこととなんら変わりないということ。生きていくために必要な行為でしかないのです。必要以上の殺生は、彼女自身も望んでいないし。
    そんな彼女の優しい?気持ちが分るシーンがあります。彼女に襲われた者は、同じヴァンパイアになってしまう。だから、彼女は襲った相手の首を折って死なせます。ヴァンパイアとして生きることの辛さが分っているからではないでしょうか。

    切ない恋の物語 ハリウッドリメイク版観比べてみてはいかが? ★★★☆ 
    モールス [DVD]モールス [DVD]
    (2012/01/07)
    クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー 他

    商品詳細を見る


    是非、読んでみたい原作本
    MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
    (2009/12/30)
    ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト

    商品詳細を見る

    MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
    (2009/12)
    ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト

    商品詳細を見る
     
    関連記事
    スポンサーサイト

    2012-02-15(Wed) 03:21 【Movie】 わがまま私評 | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。