最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20120211]
    【 人が人を裁く死刑制度 あなたはどう思いますか? 】

    ■この作品は、実際に死刑囚の精神アドヴァイザーを務めたシスター ヘレンの本が原作です。

    ★★★☆

    デッドマン・ウォーキング [Blu-ray]デッドマン・ウォーキング [Blu-ray]
    (2011/03/18)
    スーザン・サランドン、ショーン・ペン 他

    商品詳細を見る


    ■ルイジアナ州ニューオリンズにある ” 希望の家 ” で働くシスター・ヘレンは、10代の若いカップルをレイプ・惨殺した罪で服役 中の死刑囚マシューから文通をしたいという手紙をもらう。
    ヘレンは、文通を重ね、やがてマシューと面会をするが、マシューの 『 自分は無実だ! 』 という言葉にしだいに突き動かされていく。。。
    ヘレンは、特赦を得るために弁護士に協力を求めるが、嘆願は却下され、残す道は、最高裁に上告することだけだった。
    何度も面会を重ねるうちに二人は ” 深い絆 ” で結ばれていくが、ヘレンは、マシューの家族 ・ 被害者の家族 ・ 刑務官との出会いの中で、神に仕える者として、また一人の人間として 【 深い悩み 】 を抱えていく ことになる・・・・。
    やがて、上告も棄却されマシューは、処刑されることになるのだった。 もうヘレンに出来る事は、マシューに犯した罪を認めさせ、反省してもらうことで凶悪な殺人者としてではなく人として神の元に旅立たせる事だけだった。そして反省をしたマシューの最後の望みは、自分への 【 憎しみのない死 】 と被害者の両親に対する 【 心の平和 】 であった。。。。

    ■ずっと、見逃していましたが、先月、 『 ライフ・オブ・デビット・ゲイル 』 を見たのを機会に見ました。

    マシューの最後の言葉 【 人を殺すのは間違ってる。それが、おれでもあんたたちでも政府でも。 】 ホントに 印象的な言葉でした。考えさせられますね。

    いや~重い作品です。ホンマにどっぷりきます。
    この作品自体は、死刑に対して反対とも賛成とも強くは述べておらず、冷静な演出と淡々とした語り口で、私達に死刑制度の是非を問いかけてくる力作だと思います。
    刑の直前まで、反省するどころか、人種差別的な発言をするなどまったく反省の色を見せなかったマシューが、死の直前に 【 死の怖さ 】 【 命の大切さ 】 【 家族の愛 】 などを知るのですが、なんと皮肉でいたたまれない事でしょうか。。。

    最後の時になりマシューは、 【 愛 】 を知り、【 自分のしたこと 】 【 犯した罪 】 を認め、被害者の両親に謝罪の心を持ったことで、世間から”モンスター”と呼ばれた彼は、最後に人間として死へ旅たつことが出来たんだと思います。

    スーザン・サランドンは、相変わらずの名演だし、ショーン・ペンも素晴らしい演技を披露してくれています。
    ラストの二人のガラス越しの演技・会話は、その重くシビアな内容とともに深く心に響きました。

    おすすめ作品ですが、とてもシビアな題材を扱ってるので、心の体調の良い時に是非是非、見ていただきたい作品です


    D:ティム・ロビンス

    スーザン・サランドン ショーン・ペン ロバート・プロスキー

    <ヒューマン>
    関連記事
    スポンサーサイト

    2012-02-11(Sat) 22:00 【Movie】 わがまま私評 | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。