最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20130921]
    風の中のマリア
     百田尚樹


    ★★★☆

    風の中のマリア (講談社文庫)風の中のマリア (講談社文庫)
    (2011/07/15)
    百田 尚樹

    商品詳細を見る


    【永遠の0】を読んで以来、すっかり百田作品にはまってしまったSIONです。
    【永遠の0】【影法師】【輝く夜】と読みつなぎ今作【永遠のマリア】を先日読み終えました。

    百田作品にすっかりはまったSIONでしたが、この作品は、今までちょっと食指が動かなくかったんです。スズメバチの話なんて・・・と敬遠していた自分をちょっと後悔するほど素晴らしい作品でした。
    僕たち世代だと、虫の話、特に蜂とくればアニメ【みなしごハッチ】や【みなしごマーヤ】を連想しますが、今作品も内容こそ随分違えど虫(蜂)の世界を生き生きと描いた秀作でした!

    スズメバチというと凶暴でとっても怖~い昆虫界最強のハンター。
    正直『怖い』というイメージしか持っていなかったのだけど、この小説を読み終わってみると、なんだか身近な存在に感じてしまいました。
    この小説のように実際、虫たちに感情というものなどないのだろうけど。。。。
    読んでいるうち虫の世界もこんな風に感情を持って話してるんじゃないんだろうかと思えてしまう。
    そう、思わせる百田氏の力量はさすが!

    マリアという1匹のワーカーを通してスズメバチの一生を事実に基づきしっかりと描いています。
    いろいろと知らないスズメバチの生態も分かって、立派な生物書にもなりそうです。
    ワーカーとして生まれたマリアは、生まれたその瞬間から何の疑いもなく帝国のため・妹たちのために行動します。それは、ワーカーとして生まれたマリアの本能であり、彼女の宿命でもあります。ワーカーとして生まれたものの運命は、実に過酷です。
    帝国と妹達のため日々、命懸けの毎日を過ごしていたマリア。ハンターとして狩りに出る日々の中で、マリアに狩られる運命の弱い虫たちと触れ合っていくうち~ 先輩である姉ワーカーとの会話の中で~ ある1匹のオススズメバチとの出会いの中で~ ハンターとして懸命に生きてきたマリアの中である疑問が浮かびます。
    『メスとして生まれたのに恋もせずに一生を殺戮マシーンとして過ごしていく自分は何のために生まれてきたんだろう?』
    何も知らずに無垢に純粋に生きてきた頃とは、違う感情がマリアに芽生えます。しかし、ヴェスパ・マンダリアのワーカーとして生まれた彼女は、生き物が本来持っている子孫を残すという、絶対に叶わないその思いを押し込め最後まで戦いに身を投じます。まさに生きるために生きる虫たちの弱肉強食の世界。
    決してハッピーエンドとは言えないけど、とても美しく切ないお話でした。

    こういうマリアの生き方は、どこか武士道にも通じるような気がします。主君のため藩のために自分を押し殺して生きていく武士。そう感じたのは、SIONだけでしょうか・・・

    ★★★★
    SIONが、初めて手にした百田作品。
    本当に素晴らしい感動作品!! 僕を含めて戦争を知らない世代の人に是非、読んでもらいたい。
    出勤途中の電車の中で読んでいたんですが・・・毎日、電車の中だというのに泣いてました(笑)

    永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
    (2009/07/15)
    百田 尚樹

    商品詳細を見る


    ★★★★
    これまた素晴らしい時代小説。
    何の見返りも求めずひたすら、友を思い行動した武士。胸がキュンキュンしました。

    影法師 (講談社文庫)影法師 (講談社文庫)
    (2012/06/15)
    百田 尚樹

    商品詳細を見る


    ★★★☆
    切なくも心地よいクリスマスの夜に起きた奇跡を描いた短編集。
    ハッピーエンドは大好きです^^

    輝く夜 (講談社文庫)輝く夜 (講談社文庫)
    (2010/11/12)
    百田 尚樹

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    □ 承認待ちコメント by

    このコメントは管理者の承認待ちです

    2014-08-28(Thu) 07:26 | | # [ 編集 ]
    □ 承認待ちコメント by

    このコメントは管理者の承認待ちです

    2014-08-07(Thu) 09:00 | | # [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://shushucafe.blog86.fc2.com/tb.php/205-469ff9b4
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。