最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20130130]
    【全米で高視聴率だったのもうなづけるグロ&エロだけでないクオリティの高い海外ドラマ】

    ★★★★

    スパルタカス ブルーレイBOX [Blu-ray]スパルタカス ブルーレイBOX [Blu-ray]
    (2012/05/11)
    アンディ・ホイットフィールド、エリン・カミングス 他

    商品詳細を見る

    ■ ローマ時代の伝説的な剣闘士<グラディエーター>、スパルタカスの波乱の人生と死闘を描いたアクション・シリーズ【スパルタカス】ハリウッドを代表するフィルムメーカー、サム・ライミが製作総指揮を務めた本シリーズは、テレビドラマ史上、最も過激で、最も熱い闘いが繰り広げられる肉食系エンターテイメントだ。しかも、そのスケール、半端じゃない!砂塵舞うコロシアム、血しぶきに歓声を上げる大群衆、そして一瞬の油断も許されないグラディエーター・バトル!まさに映画【グラディエーター】の熱気と【300<スリーハンドレッド】の衝撃がよみがえるほどの迫力だ。今までの歴史ドラマとは一線を画すセンセーショナルな内容に全米が熱狂し、すでに本国ではシーズン2の製作が決定。さらにシリーズ前史を描いた特別版まで登場するほどの人気ぶりだ。
    ローマ軍に盾つき、奴隷の身となったスパルタカス。最愛の妻と己の自由を取り戻す唯一の方法は、最強の剣闘士になることのみ……。男たちの野望と女たちの欲望が絡み、ドロドロの人間模様も展開するという、クセになる面白さ。エンターテインメントを知り尽くした名匠が仕掛けるグラディエーター・バトルが、この夏を熱くする(海外ドラマNAVIより)
    20130204002150.jpg

    【話数】全13話
    【製作総指揮】サム・ライミ
    【監督】リック・ジェイコブソン
    【キャスト】
    スパルタカス(アンディ・ホイットフィールド/小山力也)
    スーラ(エリン・カミングス/五十嵐麗)
    バティアトゥス(ジョン・ハナ/佐久田修)
    ルクレティア(ルーシー・ローレス/田中敦子)
    グラベル(クレイグ・パーカー/山野井仁)
    イリティア(ヴィーヴァ・ビアンカ/中司ゆう花)
    アルビニウス(ケヴィン・J・ウィルソン/浦山迅)
    ドレニス(カイル・ローリング/西凜太朗)
    バイゾ(ジョン・ロウルズ/青山穣)
    ソロニウス(クレイグ・ウォルシューライトソン/高瀬右光)
    ph.jpg
    ▼ この世界観にすっかりはまってしまいました^^面白かったです。
    本国アメリカでは、結構厳しい視聴制限がされてるだけあってなかなか思い切った作品作りがされております。その思い切りの良さが観ていて心地よいです。
    この作品、世間では、戦闘シーンのグロさやSEX描写のエロさが話題になってるようですが、決してそれだけの作品ではありません。確かに闘技場での戦闘シーンでは、血がドバーっと吹き出し、剣や槍が肉体にブスッブスッと気持ち良いくらい突き刺さったりします。腹を切られて腸や内臓が飛び出したり、手足が切り落とされたり、首がスコーンと切り飛ばされちゃったりもします。毎回こんな感じで戦闘シーンが出てくるのでこういうシーンが苦手な人には、確かにキツイかもしれませんね。ただ、カメラワークは、素晴らしく迫力満点です。360度グルッと様々な視点から撮られた映像とストップモーションを組み合わせた映像は、臨場感がスゴイです。
    エロさに関しては、普通に毎回オッパイや時には男性器もモザイクなしで出てきます。ただ、男優陣も女優陣もみなさんスタイル抜群でとても綺麗です。男女共にそのシルエットは彫刻を見ているように素晴らしく美しいです。まぁ、確かにポルノまがいの乱痴気シーンもいくつかあるんですけどね。
    しかし、上記したように【スパルタカス】は、グロ&エロだけでないのです。
    登場人物それぞれに物語がありとても魅力的に描かれております。いい奴も悪い奴もそれぞれの思いを実現させるために必死にあれやこれや考え行動するわけです。<奴隷は奴隷の><ローマ市民はローマ市民の>しがらみの中で夢を掴むために必死にもがき、あがく姿が魅力的に描かれているんです。ある意味みんな自己中と言えないこともないのだけれどそうでもしないとあの時代の中では、浮上できないんでしょうね。奴隷もローマ市民も身分や地位が1番大切な世界でその見えない身分の壁をよじ登ろうと必死に生きてる姿にグイグイ引き込まれて一気に観てしまいました。グロさとエロさのためにこの作品を見ないのはちょっともったいない気がします。ローマ時代の策略と愛憎劇を楽しんで欲しいですね!

    基本SIONは、映画作品は字幕で観ますが、海外ドラマは吹き替えで見ます。今作品も海外ドラマなのでいつも通り吹き替えで見ましたが、主役のスパルタカス(アンディ・ホイットフィールド)の吹き替えを小山力也さんがされておられるんです。とっても好きな声優さんなのですが・・・どうもテンションの高さが例の人に似てるんです(笑)SIONだけかも知れませんがジャック・バウアーの影がチラホラ見えちゃうんですよー。特に声を張り上げるシーンなんか『おおージャック!』て感じてしまいました。インパクトの強い役をやるとイメージ付いちゃいますよねー。

    ★この作品で主役スパルタカスを演じたアンディ・ホイットフィールド氏が、シーズン1撮影終了後に癌と診断されシーズン2を降板されました。シーズン2は、代役を立てて撮影され、シーズン2の完成を楽しみにしておられたようですが、2011年9月11日、18ヶ月の闘病生活の末40歳の若さで愛する妻の腕の中で亡くなられたそうです。とても魅力的な俳優さんで、この訃報を知るまでは、『 この人、絶対今後出てくるな 』と期待してたので本当に残念でなりません。この作品で注目されこれからという時に本人は本当に残念な思いだったと思います。剣闘士スパルタカスを鮮烈に演じた彼のことはSIONの心の中に残ることでしょう。心よりご冥福を祈りたいと思います。

    <スパルタカス>
    ローマの奴隷となったスパルタクスは南イタリアのカンパニア地方のカプアにあるレントゥルス・バティアトゥスなる興行師(ラニスタ)が所有する剣闘士養成所に属した。トラキア出身のスパルタクスは幾つかある剣闘士の種類の内のトラキア闘士(英語版)と呼ばれるスタイルの剣闘士だったと推測されるが、彼の剣闘士としての戦歴について古典史料は何も語っていない
    スパルタクスの生年についても不明だが、研究者たちはその指導力や行動から反乱を起こした時には35歳から40歳程度であったと推測している。一方で、当時の剣闘士は20代前半がほとんどで30代になるまでに木剣拝受者となって引退するか闘技場で死んでいるので、スパルタクスも20代の青年であったとする見方もある。
    プルタルコスはスパルタクスと同族の女予言者の話を伝えており、ディオニューソスの秘儀によって霊感を受けた彼女はスパルタクスが偉大な恐るべき勢力となるが、やがては不幸な結末を迎えると予言したという。この女予言者は蜂起開始の際にスパルタクスと同じ建物にいて、伴に剣闘士養成所を脱走しており、現代の研究者の中にはこの女性は実在し、スパルタクスの妻であったと主張する者もいる(ウィキペディアより)
    250px-Tod_des_Spartacus_by_Hermann_Vogel.jpg
    【スパルタクスの最期Hermann Vogel画 1882年】

    <第三次奴隷戦争>
    紀元前73年から紀元前71年にかけて共和政ローマ期にイタリア半島で起きた剣闘士・奴隷による反乱である。3度の奴隷戦争の中で最大規模のものであった。反乱軍側の指導者スパルタクスの名にちなんでスパルタクスの反乱と呼ばれることが多い。
    紀元前73年から71年にかけて、カプアの養成所を脱走したおよそ70人の剣闘士奴隷の集団は、スパルタクスを指導者とする男性、女性そして子どもを含む約12万人[1]の反乱軍に膨れ上がり、イタリア各地を放浪し、襲撃した。この奴隷集団は驚くべき戦闘力を発揮し、差し向けられた地方の討伐隊、ローマ軍の民兵そして執政官の率いる軍団をことごとく撃退した。歴史家プルタルコスは逃亡奴隷たちは主人の手から逃れてガリア・キサルピナ(現在の北イタリア地方)からアルプス山脈を越えて故郷へ帰ることを望んでいたとし、これに対してアッピアヌスやフロルスは反乱奴隷の目標はローマ進軍であったとしている。
    ローマの元老院は奴隷集団に対する打ち続く敗北と略奪行為に危機感を持ち、最終的に彼らは8個軍団を動員し、その指揮権を厳格かつ有能なマルクス・リキニウス・クラッススに委ねた。紀元前71年、スパルタクスの奴隷軍はクラッススの軍団によってイタリア半島最南端のカラブリアに封じ込められた。元老院が増援としてポンペイウスとルクッルス(英語版)の軍団を送り込んだことを知ったスパルタクスは残る全兵力を結集してクラッススに決戦を挑み、敗れて全滅した(ウィキペディアより)

                      *ランキング参加中”↓ポチっ↓”とお願いします*

    人気ブログランキングへ


                                  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


    【】
    ★★★☆
    スパルタカス [Blu-ray]スパルタカス [Blu-ray]
    (2012/04/13)
    カーク・ダグラス、ローレンス・オリヴィエ 他

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://shushucafe.blog86.fc2.com/tb.php/193-cbfb3f05
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。