最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20121124]
    【テーマは面白いけど・・・中身の薄い残念な作品】

    ★★☆
    リミットレス [Blu-ray]リミットレス [Blu-ray]
    (2012/03/07)
    ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ 他

    商品詳細を見る

    ■ アラン・グリン原作の小説【ブレイン・ドラッグ】を映画化。人間の脳の限界を超えることができる新薬を巡る陰謀を描くサスペンス・スリラー。出演は、【特攻野郎Aチーム THE MOVIE】のブラッドリー・クーパー、【ストーン】のロバート・デ・ニーロ。監督は、【幻影師アイゼンハイム】のニール・バーカー。

    作家志望のエディ・モーラ(ブラッドリー・クーパー)は出版契約を交わしたにもかかわらず、原稿を一行も書けていない。ホームレスのような風貌で酒に溺れ、恋人のリンディ(アビー・コーニッシュ)も彼の元を去っていく。エディは街で、元妻メリッサの弟ヴァーノン(ジョニー・ホイットワース)と偶然再会する。薬品会社のコンサルタントを自称するヴァーノンはエディの窮状を知ると、開発されたばかりの新薬NZT48を差し出す。通常20%しか使われていない脳を100%活性化する薬だという。エディがその薬を飲むと、脳に埋もれていた過去の全ての記憶から情報を集める能力が覚醒し、一晩で傑作小説を書き上げる。翌朝目覚めると元の自分に戻っていたエディは、ヴァーノンを訪ねる。ヴァーノンは顔に殴られた跡があり、外出できないと言う彼の代わりにエディが用事を済ませに行く。エディが戻ると、部屋は荒らされ、ヴァーノンは死んでいた。エディは通報した後、新薬が狙われていることに気づき、薬を見つけて持ち出す。大量の薬を手に入れたエディの人生は一変し、さらに証券取引に挑戦する。エディは金貸し屋ゲナディ(アンドリュー・ハワード)から元手を借りて、10日間で1万2000ドルを230万ドルにする。大物投資家カール・ヴァン・ルーン(ロバート・デ・ニーロ)はエディに目をつけ、史上最大規模の会社合併の話を持ちかける。エディはリンディとの関係も修復し、成功を手に入れたかに思えた。しかし突然、エディの身体に異変が起こる。一夜を共にした女性が死体で発見されるが、前後の記憶が欠落している。エディはヴァーノンの顧客リストに電話する。すると、3人は死亡、あとは病気を患っていた。さらにリストの番号を押すと、数日前からエディを尾行していた男の携帯が鳴る。エディがとっさに逃げ出すと、男も追いかける。エディは男をまき、メリッサと再会する。やつれて変わり果てた彼女は、新薬に関する恐ろしい秘密をエディに告げる(goo映画)

    limitless05.jpg

    ▼ 普段は、使われる事のない脳の能力を100%開放する事の出来る薬を摂取した主人公のお話なんですが、映画のテーマがいまひとつ分かりにくいんですよね。ドラック映画と捉えるべきか単なるファンタジー映画と考えるべきか・・・今作品の凄いところは『 薬って上手く使えば使ってもいいんじゃねー 』みたいな感じでドラッグはダメ!ってはっきり言ってないんですよ(笑)今までのドラック映画なら『 薬使っちゃうと一時の快楽は楽しめるけど、後で痛い目にあうよー。やんない方がいいんじゃねー 』という色が出てるものなんですけどね。一方、ファンタジー映画と考えるとエディが悪い奴だけならともかく薬でラリッちゃってる間に罪のない人を殺しちゃうというブラックな面もあってエンディングを素直に喜べないんですよ。まぁ、どっちにしろ中途半端な感じは否めないんですが。。。

    とは言うものの投資家カールから持ちかけられた大チャンスを目前に薬の効き目が切れてパニクッちゃう辺りまでは、なかなか見応えがあるんです。ドラック映画ならではの映像で、自分をフカンで見せたり、時間の流れを速くしたり緩やかにしたりなど薬の効果をワイドレンズや魚眼レンズを使って上手く表現してて楽しめます。能力100%のスーパーマンになってるエディの動きや精神状態ががよくわかるし、薬が効いてるときとキレた時の変化もなかなか秀逸。映像自体の明暗 + エディ=ブラッドリー・クーパーのアゲアゲ・キラキラ状態とショボショボのヘタレ状態の差も面白いです。また、ここまでのストーリー自体のテンポもよくSIONも『そんでそんで、これからどーなるんだ?』と思わせる内容で楽しめましたんですが、後半に入るとダレてきちゃうんです。映像に慣れてきちゃうということもあるし、もともと作家を目指していたエディが、結局お金儲けに走り最後は、権力って・・・当たり前すぎてつまんないんです。人間ってそんなもんなんですかね。そう考えるとちょっと寂しいかなぁ~。他にもできる事は一杯あって夢は何でも叶う能力を身に着けたエディが望むことが権力なのが、あまりに現実的過ぎて白けちゃいました。
    ダメダメ人間だったエディが、何の努力もなしに薬の力で安易にハッピーエンディングになったのが腑に落ちない。その上、少なくとも5人もの人間の死に関わってるというのに!エディのその後は、分からないけど、あの感じじゃ、どう考えても幸せに生涯終えそうだし。。。なんだかなぁ~日ごろからハッピーエンディングが好きだと公言しているSIONですが、スッキリしないっス!ただのSIONの嫉妬だけどね。。。。『あーあの薬が欲しい!』

                      *ランキング参加中”↓ポチっ↓”とお願いします*

    人気ブログランキングへ


                                  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



    【原作本】 <未読>
    ブレイン・ドラッグ (文春文庫)ブレイン・ドラッグ (文春文庫)
    (2004/02)
    アラン グリン

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://shushucafe.blog86.fc2.com/tb.php/165-3a8da559
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。