最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20121118]
    【後味すっきりの韓国映画もいいものです。超おすすめのアクション作品です!】

    ★★★★
    アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]
    (2012/02/02)
    ウォンビン、キム・セロン 他

    商品詳細を見る

    ■ 過去に秘密を抱えた青年と孤独な少女の絆を描く犯罪アクション。2010年韓国No.1ヒット作。【母なる証明】のウォンビンがほぼスタントなしでアクション・シーンを演じ、第47回大鐘賞最優秀男優賞をはじめ、数々の賞を総なめにした。アクションはあってもアクションのためのアクションではなく、クローネンバーグの【ヒストリー・オブ・バイオレンス】のように、敵の急所を徹底的に狙って息の根を止めるというもの。対する組織のボスのマンソク兄弟、そしてベトナム系の寡黙な殺し屋と悪役も魅力的。共演は、【冬の小鳥】のキム・セロン。監督は、【熱血男児】のイ・ジョンボム。

    街の片隅の古ぼけたビルで質屋を営むテシク(ウォンビン)は家族も恋人も無く、質屋の客以外には、隣の部屋に住む少女ソミ(キム・セロン)が訪ねてくるだけだった。ソミを一人で育てているクラブダンサーの母親は自分の暮らしで手いっぱいで、ソミの世話も、小遣いもろくに与えない。ソミはテシクを“アジョシ(おじさん)”と呼び、慕っていた。ある日テシクは、通りの真ん中で鞄を盗んだと警察に突き出されていたソミと出くわす。母親の連絡先を教えろと言われたソミは、テシクをパパだと指差す。しかしテシクは、黙ってその場を立ち去る。その夜、テシクはソミから、それでもおじさんを嫌いにならないと言われ、言葉を失う。テシクが店に戻ると、見知らぬ男たちがいた。ソミの母親が犯罪組織から盗んで質に入れていた鞄に、麻薬が隠されていたのだ。麻薬を取り戻した男たちはソミと母親を拉致していく。テシクは全速力で車を追いかけるが、ソミの姿はあっという間に消え去る。組織の男たちは、テシクの身のこなしや銃に動じない様に驚く。組織を仕切るマンソク兄弟(キム・ヒウォン、キム・ソンオ)はソミと母親を人質にして、テシクに麻薬の運び屋を引き受けさせる。しかしその取引の現場を通報し、テシクと取引相手を警察に引き渡すという筋書きになっていた。さらにテシクが使った車のトランクに、内臓を抜かれたソミの母親の死体が入っていた。テシクは殺人と臓器売買の容疑で逮捕されるが、警察が調べても彼には前科や麻薬歴はなく、なぜか1998年から2006年までの記録が抹消されていた。テシクは取調官の隙をついて逃走する。そのころソミは同年代の子供たちと、見知らぬ家で軟禁されていた。捜査官は、テシクが暗殺を主な任務とする情報特殊部隊の元要員で、2006年の交通事故を最後に記録が途絶えていることを掴む。そのとき即死した同乗者は、テシクの妻だった。これ以上愛する者を失いたくないテシクはソミを救うため、一人で組織に乗り込んでいく(goo映画より)

    003ojisan.jpg
    ▼ 久しぶりに観終わった後にみんなに話したくなる映画を観た。とにかく面白かった~。なんといってもストーリーがとっても分かりやすいんです♪ あれこれ考え込む必要のないアクション映画でした。ここのところの韓国映画【オールドボーイ】【チェイサー】【悪魔を見た】【息もできない】などは、SIONも高い評価をした秀作でどの作品も面白い作品ばかりなのですが、その内容が重かったり・衝撃的だったり・理不尽でやりきれなかったりで観終わった後、決してスッキリとは言えない作品だった事もまた事実。そう言う意味では今作【アジョシ】はスッキリ爽快気分で観終わる事が出来る作品で良かったです。
    内容の方は、アクション映画の王道ともいえる内容で <少女を助けるために悪の組織に一人立ち向かう男> とういうもので、単純なストーリーながら上手い脚本=台詞とカメラワーク&キレキレのアクション+素晴らしいキャスティングで始めからグイグイと映画に引き込まれます。ストーリー上2人の絡み自体ははそんなに多くはないのですが、ただの隣のおじさんが、なぜ命を掛けてまで少女を救おうとするのか?なぜ2人は惹かれあうのか?などが上手く描かれており違和感を感じさせません。その理由はしっかり観る者に伝わってくるからです。
    ソミを可愛く思いながらも一線を越えれないテシクの気持ちもよく分かるし、同様に『からかうよりもっと悪い』 『嫌いになったら好きな人がいなくなる』というソミの気持ちも痛いほど分かります。この台詞にSIONの胸は潰されちゃいましたよ・・・。そんな諸々の事情もあり、ラストの2人のHUGは、もうサイコー!本当に気持ちの良いラストでした。
    アクションに関してもアクションのためのアクションというよりもっと実践的なもので、いかに効率的に一撃で敵の動きを止めるかという本格的な格闘術が繰り広げられ、その動きを長回しや、フカン・アップを上手く切り替えるカメラワークで編集しており迫力満点でした。特にトイレでのロアンとのタイマン勝負と敵のアジトでの立ち回りは、本当にカッコ良かったです。結構、血が飛び散るんでそういうのが苦手な方は引いちゃうかも知れませんが、それが理由でこの作品を観ないということは絶対に損だと思いますよー。

    004ojisan.jpg
    そして、なんといっても全てのキャラが良いんです。立ってるんです!アジョシ=おじさんを演じたウォンビン。【母なる証明】では、一見純粋無垢だけど心に暗い闇を持った知的障害のある青年という難しい役どころを見事に演じ俳優として演技の幅を広げた彼が、今作では心に傷を負い孤独に生きている元特殊部隊員をカッコイイオーラ全開で演じています。いやね、本当にカッコ良いいんです!また、過去の事件により感情を亡くした=押し殺した役柄なので表情の変化や台詞自体があまりないのですが、彼のかもしだす雰囲気からその内面が伝わってくるんですからたいした俳優さんです。
    また、悪役キャラが立たないとこういう映画は、つまらなくなるのですが、そこは韓国映画、まったく心配無用でした。軽いノリの狂人キャラの弟と冷静に悪事を働く兄。こいつらほんとに極悪非道なんですよ。子供を使って麻薬の製造から売買までさせて、使い物にならなくなったら必要な臓器だけを頂くというまさに外道。1mmの同情も出来ないクソ野郎兄弟なんです。そんなゲス野郎を隣のおじさんがフルボッコにしてくれるんですから堪りません。SIONの本音を言うなら ”目には目を ”でもっともっと2人に苦しみを与えて恐怖の中でフルボッコして欲しかったのですが、そこまでやっちゃうとテシクまで悪魔に魂を売っちゃうことになってしまうから、残念だけどそれはできないか・・・。
    そんなゲス野郎の用心棒?ロアンが、ソミに対して優しさを見せたり悪の側にいるのにどこか人間味のある役で良いんだよねー。役としては非常においしい役どころなんです。テシク同様凄腕の持ち主でテシクとトイレで一戦交えてからはテシクのこと認めたロアンは、プロのプライドからなのかテシクに対して正々堂々の一騎打ちを臨んでくるわけですよ。『いよッ!男前~』なぜ、そこまでの腕と人間味がありながらあんなゲス野郎と一緒にいるかがよく分かりませんが、この技を極めたプロ同士の格闘戦がまたカッコイイんです。銃を捨てナイフでのタイマン勝負は息もつかせぬ迫力がありました~。
    しかし、下記に載せた作品もそうですが、次々と若く優秀な監督さんによる力強い作品が次々と生み出されている韓国映画界まだまだ目が離せませんね。
                      *ランキング参加中”↓ポチっ↓”とお願いします*

    人気ブログランキングへ


                                  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


    【俳優として1皮むけたウォンビンが観れます。韓国映画らしい力強い作品】
    ★★★★
    母なる証明 [Blu-ray]母なる証明 [Blu-ray]
    (2010/04/23)
    キム・ヘジャ、ウォンビン 他

    商品詳細を見る

    <未見>
    冬の小鳥 [DVD]冬の小鳥 [DVD]
    (2011/06/25)
    キム・セロン、パク・ドヨン 他

    商品詳細を見る

    【とにかく凄い作品!この衝撃を超える作品は未だなし】
    ★★★★
    チェイサー [DVD]チェイサー [DVD]
    (2011/04/22)
    キム・ユンソク、ハ・ジョンウ 他

    商品詳細を見る

    【凄まじい復讐劇が描かれてます!】
    ★★★
    悪魔を見た プレミアム・エディション (2枚組) [Blu-ray]悪魔を見た プレミアム・エディション (2枚組) [Blu-ray]
    (2011/08/02)
    イ・ビョンホン、チェ・ミンシク 他

    商品詳細を見る

    【パワー溢れる秀作 おススメです】
    ★★★★
    息もできない [DVD]息もできない [DVD]
    (2010/12/03)
    ヤン・イクチュン、キム・コッピ 他

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://shushucafe.blog86.fc2.com/tb.php/164-5353d3d1
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。