最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20121028]
    【 これぞエンターテーメント作品 進化しているボリウッド映画を何も考えず楽しみましょう!】

    ★★★★
    ロボット [DVD]ロボット [DVD]
    (2012/10/03)
    ラジニカーント、アイシュワリヤー・ラーイ 他

    商品詳細を見る

    ■ 冷酷なターミネーターと化した高性能ロボットと、天才工学者の攻防を描くインド産アクション大作。「ムトゥ 踊るマハラジャ」のラジニカーントが2役を演じ、ヒロインには「ミモラ 心のままに」のアイシュワリヤー・ラーイを起用。監督は「ジーンズ 世界は2人のために」のシャンカール、音楽は「127時間」のA・R・ラフマーン。177分のオリジナル版を再編集した日本公開版。

    天才工学者バシー博士(ラジニカーント)は10年に及ぶ研究の日々を経て、二足歩行型ロボット、チッティ(ラジニカーント・2役)を生み出した。あらゆる点で人間以上の能力を持ち、命令に忠実に従うチッティは、人類の未来を切り開く偉大な発明となるはずだった。だが人間の感情をも理解するようプログラムされたチッティは、バシー博士の恋人サナ(アイシュワリヤー・ラーイ)に恋をしてしまう。チッティとバシー博士がサナをめぐって恋の火花を散らす中、板挟みとなったサナは、チッティの思いをきっぱりとはねのける。人間の感情を理解してしまったがために、深く傷つくチッティ。さらにはバシー博士の怒りを買ったチッティは、博士の手で廃棄処分にされてしまう。残骸を回収した悪徳工学者の手によって冷酷なターミネーターとしてよみがえったチッティは、バシー博士の目の前でサナを拉致、迫ってくる警官隊を難なく一蹴する。やがて占拠した研究所でチッティは自らのレプリカを量産し、最強のロボット軍を作り上げる。チッティとそのレプリカのロボット兵団は、今や世界の脅威になろうとしていた。バシー博士は愛するサナを救うためにチッティの機能を停止させようと命がけの行動に出る。しかしチッティ軍は、バシー博士の想像を超えるほどに進化し、街を恐怖に陥れる。何百体ものロボットが合体しフォーメーションを変えながら暴れ回るチッティ軍団の猛攻を前に、人間はなす術もない。世界がロボットに支配されるのは、今や時間の問題。ひたすら壮絶化するチッティの暴走を、バシー博士は食い止めることができるのか……(goo映画より)

    ▼ 今やハリウッドを超えボリウッド映画といわれるほどの映画大国となったインド ~とはいうものの【ムトゥ 踊るマハラジャ】以来、ほとんどインド映画に接する機会のなかったSIONが、久しぶりに目の当たりにしたマサラ映画。
    この手の映画はバカバカしさや ”粗さ ”をどう受け取るかで好き嫌いの好みが分かれる作品かと思いますが・・・。いやー、そのパワーとハチャメチャさがとても面白かったですね!これぞまさにエンターテーメントというにふさわしい作品です。【ムトゥ 踊るマハラジャ】で受けた ”熱さ&パワー ”再びって感じですかね。確かに今作【ロボット】は【ムトゥ】に比べ随分洗練されてますが、インド映画の持つあのわけの分からない ”熱さ ”は、尚、健在しておりました^^ 画面の中で繰り広げられるあんなことやそんなことを多分、マジで作ってるところが、本当にスゴイです。新興国の絶大なパワーを感じまくりですよー。私の見たDVDは、日本様に40分程カットされたもので、全てを堪能できなかったのが残念といえば残念。カットされている部分は、マサラ映画独特の集団ダンスシーンがほとんどだと思うので、ストーリーに直接影響はしていないとは思いますが、あの集団演舞あってのインド映画なので丸々全てを堪能したかったですね。とはいってもそれでも139分もあるんですけどね(笑)
    [広告] VPS

    ストーリーは、マサラ映画らしく単純なもので、アレコレ考えずその世界観を思いっ切り楽しんじゃいましょう!確かにストーリー的にも映像的にもいろいろと ”粗 ”は目立ちますが、そんな事は、インド映画の持つ底知れないパワーの前では、まったく問題ありません(爆)逆にその ”粗 ”をも楽しんじゃいましょー!そうすれば、139分なんてあっという間に過ぎ去ってしまいます。気が付いた時には、もうその魅力に惹きこまれちゃってるかもですよ。SIONとしては、インド音楽の独特な感じとあの甲高い歌声は、ちょっと苦手だったんですが、この作品では、【スラムドッグ$ミリオネア】でアカデミー賞を取ったA・R ラフマーンが担当しており、インド圏以外の人でも聞きやすい音楽となっていて、その点もSIONには良かったです。
    アクションは、全編を通してありますが、ぶっちゃけ、完成度はともかくどのシーンもどっかでみたような~既視感のオンパレードですが、それが不思議と 『おいおい、パクリかよー』って気持ちにならないんですよねー。いい意味で微笑ましく感じちゃうんです。ラストの戦闘シーンでは、サングラス姿の濃ーいおっさんが束になって出てくるんですが、その戦闘スタイルが、C級映画も裸足で逃げ出しちゃうくらいのバカバカしさで、もう笑うしかありません。
    まぁ、火事場から助けた少女が車にはねられて死んじゃうシーンは、ちょっとやりすぎな気はしましたが・・・
    今作品は、インド版【ターミネーター】とも言われてるらしいのですが、<ターミネーターVSチッティ>2体のロボットが、ガチンコで戦ったらどっちが強いんでしょうね?皆さんは、どう思いますか?

    robot_photo1.jpg

    ロボットと博士の2役をこなしてるのが、【ムトゥ 踊るマハラジャ】で主役をはったインドの ”スーパースター ”ラジニカーント氏。ご存知でない方もおられるとは思いますが、インド本国では、絶大な人気と尊敬を受けている俳優さんで、オープニングロールにもちゃんと <スーパースター ラジニカーント> とデカデカと出てきます。予備知識のない方には、実際に活字で <スーパースター> と書かれているのを見ることはかなり衝撃的なことじゃないかなー。そんなことちょっとやそっとのその辺のスターじゃ、出来ないよねー。その上、今作撮影当時60歳を越え、すでに還暦をむかえていたんですから、驚きです!とてもそんな歳には見えません。あのダンスとアクションをこなす若々しさ、彼自身も本当は、ロボットだったりして。。。と思えてしまいます(笑)
    また、インド映画には、欠かせないヒロイン役のアイシュワリヤー・ラーイも素晴らしい存在感です。女子大生役をやるにはちょっと厳しい歳ではありましたが、そんな事気にならないほどのその妖艶な美しさに圧倒されてしまいました。さすが、1973年度ミス・ワールドだけありますね。いやいやほんまセクシー&ダイナマイトって感じです。あの”目力 ”吸い込まれそうになっちゃいました♪
    img_116364_34351060_2.jpg

    【スーパースター ラジニカーントを堪能しましょうー】
    ★★★☆
    ムトゥ 踊るマハラジャ [DVD]ムトゥ 踊るマハラジャ [DVD]
    (2003/06/18)
    “スーパースター”ラジニカーント、ミーナ 他

    商品詳細を見る

    人気ブログランキングへ


                                 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://shushucafe.blog86.fc2.com/tb.php/150-26c0f508
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。