最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20121021]
    【 我々人間が生きていく上で多くの動物が犠牲になってる事を日々感謝しましょう! 】

    ★★★
    猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]
    (2012/07/18)
    ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント 他

    商品詳細を見る

    ■ 人間が高度な猿に支配される世界観を描いた【猿の惑星】の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす。出演は【127時間】のジェームズ・フランコ、【スラムドッグ$ミリオネア】のフリーダ・ピント、【アレックス・ライダー】のアンディ・サーキス。

    サンフランシスコの製薬会社研究所に勤める神経化学者ウィル(ジェームズ・フランコ)が実験用に観察していた一匹のチンパンジーに驚くべき知能が示された。そのチンパンジーには開発中のアルツハイマー病の新薬が投与されていたが、突如暴れ出し、警備員に射殺されてしまう。だがそのチンパンジーは妊娠しており、ウィルは生まれたばかりの赤ん坊猿を自宅に連れ帰り“シーザー”と名付けて育てることにする。3年後、ウィルのもとですくすくと育ったシーザーは、家の中を縦横無尽に駆け回るようになった。ウィルとシーザーとの間には強い絆が生まれており、同時に母親のチンパンジーの特殊な遺伝子を受け継いだ彼は、類いまれな“知性”を発揮し始めていく。新薬が脳を活性化させる効果を確信したウィルは、研究所から持ち出したその薬をアルツハイマー病の父・チャールズに投与、すると翌朝、彼はそれまで悪化していた病状が嘘のように生気を取り戻す。5年後。ウィルは動物園の獣医キャロライン(フリーダ・ピント)と相思相愛の仲になり、体長5フィートにもなったシーザーは、より複雑で多様な感情を表すようになっていた。そんな折、チャールズが再び病状悪化の兆候を示し、隣人とのトラブルを引き起こす。その様子を屋根裏部屋から目撃したシーザーは、チャ-ルズを助けようとしてその隣人を傷つけてしまい、霊長類保護施設に入れられる。檻に閉ざされた施設で、シーザーを待ち受けていたのは飼育長の陰湿な虐待だった。その一方で、なかなか施設内の猿のコミュニティに溶け込めずにいたシーザーは、チンパンジーの群れを率いるボスとの争いに勝利を収め、全ての猿たちをひとつのグループにまとめ上げていく。その頃、ウィルはより強力に改良した新薬の実験を行うが、猿への投与中に薬を浴びたウィルの同僚が原因不明の体調不良を訴えた後、夥しく出血、謎の死をとげる。ウィルは施設を訪れるが、シーザーはウィルが差しのべる手を拒絶。知性に目覚め、人間の愚かさに失望し、ウィルさえも想像できない驚異的な進化を遂げたシーザーは、このときすでにある決意を固めていた。やがて高い知能を駆使し施設から脱出したシーザーは、今や固い絆で結ばれた仲間のチンパンジーらと共に、人類との壮大な全面戦争へとなだれ込んでいく……(goo映画より)
          002saru.jpg

    ▼ ”猿の惑星”といえば、【猿の惑星】【続・猿の惑星】【新・猿の惑星】【猿の惑星・征服】【最後の猿の惑星】【PLANET OF THE APES 猿の惑星】と今までに6作製作されておりますが、今作は、タイトルからもわかるようになぜ、地球が”猿の惑星”になってしまったのかというところを描いています。まぁ、この作品と【猿の惑星】の間にもまだ1,2本映画が作れそうですが(笑)
    前6作を観直してから観ようかとも思ったのですが、SIONにとって1作目【猿の惑星】のインパクトの強さと6作目【PLANET OF THE APES】の出来の悪さに今作に対してそんなに期待を持てなかったので、観直しする事無く観ました。6作全ての内容をきっちり覚えてるわけではないんですけどね。随分昔の事なのであやふやなんです(笑) まぁ、基本今までの作品が、反戦や人権問題・人種差別などをテーマにしていたと思うのですが、今作では、動物虐待をテーマに扱っているのかなぁと思える内容。薬のために実験台にされたり、人間の勝手な都合で手放されたあげく保護施設に入れられたりと、動物にとっては迷惑な事ばかり。大体、いくら知能レベルが上がったからって隣人に怪我させたのは、シーザーの責任でなくどう考えても親であるウィルの責任なのは明らか。ウィルは、本当に無責任すぎます。SIONは、ワンコを飼っていますが、その子が、人様に迷惑を掛けないように気をつけるのは当たり前のことで、そのためにあらゆる可能性を考えて先手を打つのが親=飼い主の責任なのです。ボケが再発してしまった父親とシーザーを残して家を空けるなんてもっての他です。ましてや、シーザーがだんだん自我らしきものを持ってきているのを親であるウィルは、良く分かっていたはず。それなのに何を考えてたんでしょうね!もし、何かあったらどうなるかは充分、分かっていたはず。
    理由はどうであれシーザーが、怪我をさせてしまった事は良くないことなので、管理施設に入れられてしまったことは仕方ないとしてもその後のウィルの行動は、観ていて本当に腹が立ってきました。自分にはまったく責任がないような態度だし。『おいおい、シーザーが折の中にいるのはお前のせいだろ!』と何度画面に突っ込んだ事か。シーザーにしたって何度も何度も繰り返されるウィルの口約束に愛想を尽かすのは当たり前。目の前で扉を閉じられた時にウィルは意外な顔してたけどそんなん当たり前だよ。シーザーに『 お前は、家族だ!自分は父親だ!』とはっきり言ったんだからその責任は、しっかり果たして欲しいものです。
          003saru.jpg

    そんでもって猿達の反乱が始まるわけですが、騎馬警官が警棒?で殴リ殺すシーンは、本当に胸が痛くなったよ。酷いよねー。同じやられるんでも銃で撃たれるより観てる側のショックは大きいよね。仲間が、そんな目に合いながらもリーダーのシーザーが、とても平和主義だったのは、【猿の惑星】のチンパージー族に通じるところなんでしょうかね?猿同士でも対人間でも相手を殺してしまう事を決して良しとしないという考えを持っていたみたいだけど。。。ジェネシスの社長さんだけは、別だったみたいだったけどね。この猿VS人間のシーンでは観ている人の多くが、きっと ”猿 ”を応援したくなったはずだと思いますが、路面電車の屋根の上にスクッと登場した4匹(シーザー、バック、オラウータン、元ボスチンパンジー)の立ち姿は、本当にカッコ良かった^^マントつけたらまさにヒーローだよね。
    いくら猿が知能を持ったとしても本気の人間の文明には敵わないはずなのになんで?【猿の惑星】になってしまうのか森に帰っていったシーザー達を見て思っていたのですが、エンドロールでその理由が分かりました~。なるほどねー。ちゃんと考えられてる。まぁ、あいつは、本当に嫌な奴だったんでザマアミロなんですが・・・あんな短気でキレ安い人間がパイロットなんてやれるんですかねー。

    これは、余談になりますが ~ 薬はもちろんの事、食品や化粧品など我々人間が手にするものの安全性を確かめるために日々多くの動物が犠牲になっている事は明らかな事実。人間のために辛い思いをしている動物達を可愛そうに思うし、実験は辞めて欲しいけど・・・その享受を今現在もたくさん受けている自分がいるわけで。。。SIONのエゴになってしまうけど毎日を彼らに感謝して生活していかないといけないですね!!!

    【未見の方は、是非!まとめてどーん!】
    ★★★★~★★☆
    【FOX HERO COLLECTION】猿の惑星 ブルーレイBOX(6枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]【FOX HERO COLLECTION】猿の惑星 ブルーレイBOX(6枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
    (2012/07/18)
    チャールトン・ヘストン、モーリス・エバンス 他

    商品詳細を見る

    人気ブログランキングへ


                                    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://shushucafe.blog86.fc2.com/tb.php/146-16d0778f
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。