最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20121014]
    【 お安い学園ドラマ+しょぼいアクション 次回作のプロローグとして観る以外価値なし 】

    ★★☆
    アイ・アム・ナンバー4 ブルーレイ+DVDセット   [Blu-ray]アイ・アム・ナンバー4 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
    (2012/01/18)
    アレックス・ペティファー、ダイアナ・アグロン 他

    商品詳細を見る

    ■ 【トランスフォーマー】シリーズのマイケル・ベイ製作、【イーグル・アイ】のD・J・カルーソ監督で贈るSFアクション。自らの特殊能力ゆえに何者かに追われる超能力者ナンバー4の戦いを、VFXを駆使して描く。出演は【アレックス・ライダー】のアレックス・ペティファー、【ダイ・ハード4.0】のティモシー・オリファント。

    特殊能力を持ちながらも自らの運命に気づかず、何者かに命を狙われ続ける9人の若者たち。世界中に散らばり、幼いときからそれぞれの守護者とともに正体を隠して生きてきた。ある夜、ナンバー1と2に続いて、ナンバー3の死を知ったナンバー4(アレックス・ペティファー)は身の危険を察知して、守護者ヘンリー(ティモシー・オリファント)とともに次なる土地を目指す。オハイオ州の田舎町パラダイスの町外れに辿り着いた2人は、作家ヘンリー・スミスとその息子ジョンとして暮らし始める。だが、外出を禁じるヘンリーに逆らい、ハイスクールへの通学を始めるジョン。彼が求めていたのは普通の若者らしい日常だった。しぶしぶ通学を許可するヘンリー。ジョンはハイスクールでサラ(ダイアナ・アグロン)と出会い、彼女に強く惹かれる。だがその頃、ジョンの身体に異変が。授業中、激痛とともに両手に光が現れたのだ。必死に隠したものの、気を失ってしまうジョン。それは“レガシー”と呼ぶパワーの覚醒だった。ヘンリーはジョン自身がコントロールできるようになるまでそのパワーの使用を禁じる。だがカーニバルの夜、サラの元恋人のマークたちによって彼女の身に危険が迫ったとき、パワーが再び溢れ出す。怒りに身を任せてしまったことを後悔するジョン。さらに、友人でUFOオタクのサムにもそのパワーを目撃されてしまう。数年前に謎の失踪を遂げた宇宙研究家の父を持つサムは、失踪の原因とジョンの正体の関係を疑う。ジョンがパワーを使用したと知り、一刻も早く町を出るよう促すヘンリー。だが彼には、運命に立ち向かう決意が生まれていた。さらに、仲間を求め続けてジョンの足跡を探し出した者がいた。幼いときに守護者を殺され、1人で生き抜いてきた女戦士ナンバー6(テリーサ・パーマー)だった。やがて、謎の敵との壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる……(goo映画より)
    002n4.jpg

    ▼ 遺伝子操作された超能力者が、活躍する【009】みたいな作品だと思っていましたが、エイリアンものでしたね(笑)ここ最近、始めから続編作る気満々の作品が多い気がしますが・・・。えーえーそれはそれでいいのですが、諸事情により中止になったり無期延期にされるととってもストレスが溜まるんで製作者側も考えていただきたいものです。今作【ナンバー4】もこのまま終わられてしまっては、何のための1作目だったのかわからなくなってしまいます。興行成績もそんなパッとしなかった作品だけにどうなってしまうのか、不安でなりません。
    物語でいったら今作は、ほんのプロローグとしかいえない段階で、正直、この作品の内容なら上手い編集とナレーションでギューと10分くらいにまとめちゃっても良いくらいです。そしてタイトルドーン!本編の始まりのが全然良かった気がします。
    上記のようにわざわざ1本の映画にするほどの内容じゃないんですよねー。確かに掴みは良かった。山奥でやたら身体能力の高い子供が、何者かに襲撃されるわけですが、その時点では、その子供がナンバー3ということもわからないし、敵の正体もわからないから期待感は結構高まるわけなんですが・・・そこからの展開が、いただけませんね。ナンバー6が登場するまでは、お安い学園ドラマが続き、ナンバー6登場後は、アクション映画となるのですが、霧?になって消えるところは確かにカッコいいけど、それ以外はこれまた今一歩。【glee】でおなじみのダイアナ・アグロンが、なかなかチャーミングだったのがせめてもの救いだけど、そもそもこの映画でこういう恋愛要素が必要だったのかは疑問。だいたい、ずっと隠遁生活してきたのにここに来てやたらおしゃべりになっちゃうというのも不自然極まりない。守護者=ガーディアンが、ヘボ過ぎるのも?って感じだし。超能力はないにしろ一応お目付け役として同行してるわけだから、格闘術に長けてるとか銃の扱いがスゴイとか何かあっても良いと思うんだよね。その上、普通の人間にあっさり誘拐されちゃうってありえんだろー! 何のための守護者なのかね。このほとんど地球人となんら変わりない守護者とナンバーリングされた子たちは、同じ星の種族だと思うのだけど、この違いはどこから生まれてくるんだろうねー。ナンバー4のパパは、戦士ということで、彼にもそのレガシー=遺産として超能力があるということなんだろうけど、どうしたらスーパーマンみたいな超能力者とそうでない人が、生まれるんでしょうね?あの箱に秘密がありそうだけど、今作では、何の説明もないしー。
    そんでもってナンバー6は、そのレガシーをすでに受け継いで覚醒?してるみたいだけど、どうしたらそういう状態になるかもわからん。年齢なのか訓練なのか?大体、追われる身でいつ襲われるかわからない状態で、守護者である自分が死んだら、諸々の説明は誰がするんだろうか?箱を開ければ自ずとわかる仕組みなのか?下手したら守護者亡き後、能力使いこなせず追跡者にボコボコにされる可能性もあるのにねー。うーん。疑問だ!
    003n4.jpg

    まだまだ、謎はあるよ。意味深に首から掛けられてたペンダントの意味もわからんし。きっと何らかの秘密あるはずだし、逆にあってもらわないと困る(笑)古代宇宙飛行士とサムの父親のエピソード、ロリアンとモガドリアンの関係などなど知りたい事は山ほどあるわけです。ましてや、ナンバーズのみんなにどんなスゴイ能力があるか分からんけど、たった9人の戦士で母星を滅ぼしたモガドリアンに勝てるものなのかねー。そう考えると、モガドリアンの方もそんな目くじら立ててわざわざ地球まで追っかけてくる事もないと思うし・・・。個々のナンバーズの能力が何かがはっきりしないところも不満ですね。4と6では、明らかに能力が違うところをみるとそれぞれが、何か特殊な能力を持ってることは想像つきますが、何の能力かイマイチよーくわからんし。その辺は、【X-MEN】のが分かりやすいですね。一人1つですから。
    只、ワンコの健気さは◎です。ラストで、ヒョコヒョコやってきた時は、嬉しかったー^^ 絶対、死んじゃったと思ったもん。しかし、なぜ?4にだけ守護獣?がいるんだろうか。他の子にはいないのに。やってくるタイミングも整合性があるとは思えないし。どうせなら子供の頃から一緒という方が説得力あるよね。また、4は、6にエネルギーみたいなものを補充してたけど、4は、9人の中では特別なんでしょうかね?リーダー的資質の存在ならナンバー1だと思うし。いやはや、これら疑問全て解決してくれるような続編を是非是非、作っていただきたいものです。
    ★★としたい評価ですが、次作に期待して★★☆

    人気ブログランキングへ


                                     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://shushucafe.blog86.fc2.com/tb.php/145-6fddfa0a
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。