最新記事

■ブログ内<映画・本>検索

映画・本のタイトルなどで検索できます

<ランキング参加中>

”ポチッ”とお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

■目次 (カテゴリー)

■コメントありがとう

コメント書き込みしてくれると本人とっても喜びます^^ヨロシクお願いいます

■トラックバックありがとう

■STAFF ONLY

■RSSフィード

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画や本の感想など載せてます♪
SION'S
【2013】 ここまでのBEST 3

▼ 【わがまま私評は】ネタバレしているものも多くあります。未見の方は注意してくださいませ ▼

【2013 映画~ ここまでのBEST 3】
    ・スパルタカス シーズン1 BLOOD AND SAND  ★★★★
    ・BONES 骨は語る シーズン6  ★★★☆
    ・スリーピングタイト  ★★★

     
      【2013 本 ~ ここまでのBEST 3】
      ・永遠の0 百田尚樹 ★★★★
      ・輝く夜に 百田尚樹 ★★★
      ・風の中のマリア 百田尚樹  ★★★★

      *ブログランキング参加中です*
        みなさまの応援があるとスゴク喜びます! "ポチッ"とお願いします。

      人気ブログランキングへ

                           
      にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

        *更にコメントなどを寄せて頂くと大喜びします♪
      ↓↓↓ 【記事=わがまま私評】は下にスクロールしてくださいませ ↓↓↓

                     

    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20120318]
    【 イ・ヨンエ主演の復讐3部作の最終作 集団での復讐はインパクト十分 】

    ★★

    親切なクムジャさん プレミアム・エディション [DVD]親切なクムジャさん プレミアム・エディション [DVD]
    (2006/03/24)
    イ・ヨンエ、チェ・ミンシク 他

    商品詳細を見る


    ■その美貌と残忍な犯行で世間を騒がせた『ウォンモ君誘拐事件』の犯人として逮捕されたイ・クムジャは、実は濡れ衣だった。真犯人は、高校の時に妊娠してしまい助けを求めた当時の教育実習生ペク先生だった。彼は、身代金目当てにウォンモ君を誘拐して殺した上、クムジャが罪をかぶって自首しなければ幼い娘を殺すと脅し、思い通りに彼女が自首し刑務所に入ると、ペク先生は娘をオーストラリアに養子に出してしまう。
    罪を被り刑務所に入ったクムジャは、13年の刑期の間、年老いてアルツハイマーにかかっている元北朝鮮のスパイを献身的に看病したり、所内でいじめにあっている新人受刑者達のために”魔女”と呼ばれていたボスを密かに殺したり・・・。そんな彼女は、他の受刑者達から『 親切なクムジャさん 』と呼ばれ信頼と畏敬の思いを得ていき、なんと彼女の顔は、聖母のように光り輝いていたという。
    13年の刑期を終え出所する時の彼女は、逮捕された時と同じ水玉のワンピースで現れ、その表情にはみんなから『 親切なクムジャさん 』と呼ばれた聖母のような微笑は消えていた。それはつまり、長年待ち望んだ復讐計画を遂に実行する時がきた証だった。
    まず、彼女は復讐を実行する前にウォンモ君の両親を訪ねその目の前で自ら指を切断して許しを請い、所内で知り合ったチャンのケーキ屋で働き出した。その後、クムジャに所内で助けてもらい恩を感じている刑務所仲間の元を一人一人訪ね長年、練り上げてきた復讐計画を実行に移すのだった。

    ■この映画のポイントの一つは、主演をしたイ・ヨンエのいわゆるギャップを楽しむ点にあると思う。
    イ・ヨンエといえば、『 ラストプレゼント 』 『 宮廷女官チャングムの誓い 』などで知られる清純派女優であり、その彼女が、冷徹な鬼になるわけですから。。。

    刑務所内での彼女の行動は、全て復讐のための布石であることは分るのだけど、もう少しそのことを強調しても良いと思うなー。みんなそれぞれがどんな環境や特技があって復讐のために彼女達がどのような ” 駒 ” になりえるかが描かれるとクムジャの執念みたいなものがもっと伝わってきたのではないかと・・・・
    同様に出所後の彼女の復讐に対する思いが、いまひとつ。
    聖母のような微笑の持ち主から復讐の鬼と豹変した彼女にもっと鬼気迫る迫力が欲しかった。淡々と描くことで逆にその怖さを伝えようとしたのかも知れないけど ” う~ん・・・ ” て感じ。最大の問題点は、他の作品と違って復讐の鬼である前に彼女が”母”であること。どうしてもここで人間味が出てしまうわけですよ。ここで気持ちがフッと、緊張の糸が切れてしまうんですねー。
    刑務所仲間、聖職者、ケーキ屋親子、愛娘、クムジャと遺族の皆さんなど様々な人間が出てくる訳ですが、それぞれの位置付けが残念ながらあいまいというか中途半端なんですよ。物語に厚みを出す事に役立ってないんです。利用するものと利用されるものこの関係をもっとシビアにそれこそ淡々と描くべきではなかろうかと思うSIONです。クムジャさんがドンドンぼやけっていってしまってるんだもん。
    また、復讐の対象であるペク先生。出番が少ないにもかかわらず名優チェ・ミンシクの怪演ぶりは素晴らしいのですが、こいつの 【 悪さ感 】 【 危なさ感 】 が最後になるまで伝わってこない。唯一食事中の性交のシーンぐらいなもの。コイツの悪さ感の表現描写が少なく弱いので復讐に対する感情移入がしにくいことも確かだ。最後になって被害者は、一人でなく何にもいてその上、その殺害場面をビデオに残して置くというサイコぶりを発揮していましたが、観てる方としては、ココでやっとコイツ 『 メッチャ悪い奴じゃん!まさに鬼畜じゃん! 』 となるわけですよ。
    この物語の最後は、シンシンと静かに雪の降る中、抱き合う親子の場面です。辻褄やストーリー展開上難しいのかもしれませんが、親子の初対面は、このラストで良いような気がします。復讐を終え、達成感を感じているのか後悔しているのか虚脱感なのか・・それは観るものが判断するとして~ラストでの親子の対面。この方が、映画に厚みがでる気がします。復讐のためとはいえ、これまで自分のしてきたことを最愛の娘に出会ったことで彼女がどう処理していくのか?ということをこちらに投げかけて終わる形でも良かった気がします。
    まぁ、この映画の最大の見せ場は、遺族の皆さんによる集団リンチにあるわけで、そこまではどう描こうと良いのかもしれないけどね。

    【 復讐3部作 第1弾 】  未見
    復讐者に憐れみを デラックス版 [DVD]復讐者に憐れみを デラックス版 [DVD]
    (2005/07/22)
    ソン・ガンホ、シン・ハギュン 他

    商品詳細を見る


    【 復讐3部作 第2弾 】 ★★★
    オールド・ボーイ スタンダード・エディション [DVD]オールド・ボーイ スタンダード・エディション [DVD]
    (2006/03/24)
    チェ・ミンシク、ユ・ジテ 他

    商品詳細を見る


    【 パク・チャヌク監督最新作 これまた復讐のお話 】 ★★★
    悪魔を見た スペシャル・エディション [DVD]悪魔を見た スペシャル・エディション [DVD]
    (2011/08/02)
    イ・ビョンホン、チェ・ミンシク 他

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    2012-03-18(Sun) 18:54 【Movie】 わがまま私評 | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 しおん all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ”SION”って どんな人?

    しおん

    Author:しおん

  • ●映画好き100の質問
  • ●本好き100の質問
  • ●サッカー好き100の質問
  • ●ワンコ好き100の質問
  • ●ニャンコ好き100の質問
  • ブロとも申請フォーム

    【SIONとブロともになる】

    ★あなたの気分にあった映画紹介します

    SIONのおすすめ映画や 『 …な気分になりたい』 などのリクエストにお答えします

    【 映画紹介 】をご希望の方は【 MAILフォーム 】(下記)よりメールを下さい。

    SIONの独断と偏見でお答えいたしますので、クレームには一切対応いたしません^^

    基本的にリクエストに関しましては2~3本程の作品を紹介いたしますが、すでにご覧になった作品だった場合はご了承下さい

    ご紹介の返信には2-3日頂きます

    ■メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ■おススメ商品

    ■LINK

  • ●tomopy日記
  • 個人ブログリンク集 Blo-Lin
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。